金曜日, 2月 23, 2007

Flower of the year


ちょっと前の話ですが、「農耕と園芸2月号」に ―品目・用途・花形から注目したい新しい切花― という記事を大田花きの担当者が書いていました。
そこに大田花きのFlower of the year 2006 の受賞一覧が表で掲載されていました。

http://www.otakaki.co.jp/development/enquete/2006/06index_spr.html
記事の内容とその表の関連性は今ひとつ理解できませんでしたが、それ以上に投票の得票数の記載が無いので,その賞の説得力が感じられませんでした。
spring champion では6位が5つもあり、autum champion では4位が4つあります。そんな投票結果が信じられますか?得票総数の非常に少ない、なんとなく学級委員の選挙レベル程度の得票ではないかと勘ぐってしまいます。本当にFlower of the year と言えるものなのでしょうか?
こうして公に記事にすれば多くの読者はこれがトレンドかと思い込んで読むでしょう。
大田花きの内輪でイベントとしてやることには構いませんが、得票数を載せられないようなものなら掲載するべきではないと思うのは私だけでしょうか?

ひねくれ者の一言でした。

0 件のコメント: