金曜日, 6月 29, 2007

さらにダリア

すっかり梅雨の気候です。気温も高くなり不快な日々が続くようになりましたが、ダニ、スリップスの不快な活動も活発になり、またヤツラとの終わりのない戦いが始まります。静電噴口とFプラスが頼りです。

ダリアの開花は順調に進んでいます。今年の新顔品種はまだ先ですが、来週からはおなじみの小舟、清雲、清華など中輪のさまざまな品種が順次出荷されます。 ただ価格の方が順調ではないのが残念です。秋まではこれらの品種でじっと我慢し、秋からは新顔品種でドカーンといきたいところですが、いつもの獲らぬ狸で空振りかな?

4 件のコメント:

miyahana さんのコメント...

はじめまして。
宮崎のmiyahanaと申します。
こちらの地域でもダリアを1件だけですが栽培しています(2年目です)。今年は夏と秋に出荷する予定で、夏作は開花がぽつぽつ始まったところです。最近は、どうしたら茎の細いダリアにできるかということばかり考えています。ダリアって難しいですね。

やまぐち さんのコメント...

コメントありがとうございます。ときどきMiyahanaさんのブログ見せていただいております。やはり大輪系ですか?大輪系はどうしても茎が太くなるのでは?こちらもダリア栽培は3年目というところで、その奥の深さにはまっています。栽培するだけなら楽しいのですが、お金にするのは難しいです。今年は多品種に手を出し「ダリア園」状態になりそうです。

miyahana さんのコメント...

大都市から遠い宮崎なので、運賃など考えると大輪系は難しいと思い、大輪系は少なく、中輪狙いです。でも、中輪といっても大きいですよね。

やまぐち さんのコメント...

ウチのほうも中小輪系中心です。大輪から中小輪へ、黒系から色物へ移行していくはずだと言う読みですが。今年はまだそうならないかな?中小輪ならさほど太くならないと思うのですが、太いですかね?ちなみにブルックリンスノーボールならば太かったですね(切花向きではない?)。