日曜日, 6月 19, 2016

ダリアの茎頂培養

今年はダリア数品種の茎頂培養を委託し、セル苗仕立てのものを植えました。
(ウィルスフリーの条件での委託ではありません。)

生育は非常に旺盛ですが、モザイク症状が出ております。やはりモザイクウィルスは残っているのでしょう。

しかしながら、若干の温度差で発症したり、しなかったりのようです。

北側のうねでは外気がすずしいのかほとんど発症せず、

内側のうねは多発でした。

このモザイク症状は生育とともに消えていくと思われますので、今年の栽培は何とかなるでしょう。
しかしながら、この株からできる球根を来年の栽培に使った場合、モザイクウィルスがかなり影響してくると予想されます。
先が思いやられます。


0 件のコメント: