土曜日, 9月 28, 2013

連作障害

久々の投稿です。
出荷が忙しいのと、特に変化がないことで時が流れていきました。



ダリアの出荷も最盛期を迎えております。
しかし、出来がイマイチです。

2番花、3番花になると極端に細くなるものや、根張りが悪く丈が伸びないものなどが増えています。連作障害でしょう。
2シーズン他の品目を作っていた圃場のダリアは極めて生育旺盛で、これと比べれば違いは明らかです。

以前は「連作障害は連作しなければいいのさ。 」と偉そうに言っていたものでしたが、そうはいかない状況になってしまいました。
いくらかの圃場ではラクスパーやラナンを栽培し、今年はカラーを導入していますが、経営的にダリア中心の栽培が続くので、連作を回避することは今後も不可能でしょう。

ではどう連作障害を克服していくかです。
難しい問題ですが、来春までにじっくり考えることにしましょう。

0 件のコメント: