日曜日, 10月 19, 2008

注文のFAX

数年前は、夕方家に帰ると注文のFAXが着ており、薄暗い中また花を採りに行くというようなこともありましたが、携帯電話が普及し山奥の圃場にも電波が届くようになってからは、注文には頻繁に携帯電話が使われるようになりました。

もちろん携帯だけでは不十分なところもあり、FAXも必要な面があります。
圃場では筆記具を持ち歩いていないので、注文件数が多くなると覚え切れませんし、また注文者の買参人番号を記載する場合はその番号まではとても覚え切れませんので、FAXのほうが確実だとも思います。

しかし、携帯で確認電話があり、詳細をFAX送信するようでは通信費がかさみ市場の手数料収入を食いつぶすのではといらぬ心配をしてしまいます。
こちらの問題としては、A4用紙に注文項目1件だけのものがFAXで数回来ると、紙の無駄かと思ってしまいます。
出来れば数件分まとめてFAXしてもらえれば良いのですが、なかなかそうもいかないようです。

蛇足ながら、今季普通紙FAXに換えたのでメーカーの思うつぼになってしまい、消耗品のインクを無駄使いしてメーカーの売り上げに貢献することにもなっています。


そんな折、先日から携帯メールでの注文を活用していただけるようにになりました。 これだと注文に掛かる通信費も割安になるでしょうし、受注確認を返信することも出来るなどいろいろメリットがありそうです。1件だけの注文FAXよりもはるかに無駄がありません。

ただこれは梅田生花、世田谷花きの担当者各位の個人的努力でなされているだけの段階です。
また、すべての生産者が対応できるものではないことも確かです。
しかしながら、有効な手段であることは間違いないので、今後は市場全体で取り組んでいただきたいと思うところです。


0 件のコメント: